masterの雑記帳

まだまだ未熟なカードプレイヤーが様々なTCGについて思ったことをつぶやくブログ…の残骸。今はtwitterに生息。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水属性Chapter1数行レビュー(ver2段環境)

「どうして2段ユウナは修正されてしまったんだ...」

一応FFの初記事。
とりあえず全カードの個人的な評価を数行で書いていこうと思います。
☆:その色を使うならまず入ると思われる主要カード。
○:相性の良いデッキなら必要になる強力なカード。
△:デッキ次第では入れる事も可能な、可能性のあるカード。
×:他のカードの下位互換や、使い道が見い出せないカード。
記事の順番の都合上、まずはChapter1の水属性から。

・フォワード
1-126U アグリアス ○
普通に手札から出す場合、
実質3コスの、オデン食らわないがジタンがすり抜ける6000先制。
オヴェリア置くと7000先制まで行くが、
優秀なバックアップだらけの水で置くスペースがあるかは疑問。
水単ならバックのワッカ・2コスリヴァでパンプできるから強いかな?
まぁ基本は2段のからのレベルアップ要員。

1-127R アルティミシア ○
水の最重量キャラ、
効果は簡単にするとフォワードが出た次のターンにブロック出来なくなり、
ヘイストが消えるって感じかな?例外は有るが。
これを踏まえるとボードリセットカードからの展開か、
場が優勢時の詰めに使うのが主な役割だが、
リセットカード打った後に6コスとか無理だし、
優勢なら除去される可能性がある6コスをわざわざ展開するより、
ハンドを残しておきたい事が多い。
Sアビは専用組めば強いけど、1種類しかいない今じゃ無理。
総括すると、重すぎて現状では正直使いづらいと思う。

1-133S ティーダ(画像のカード) ○
Sレアの中でもロマン溢れるカード。
その燃える効果から1段発売当初は結構な価格を叩き出したが、
あまりにもオーディンetcに夢を打ち砕かれ10:5交換され続けたので
次第に残念なカードとなって行ったのだった.........
真面目に考察すると、
召喚獣耐性が強くなった2段環境の水ではわりと使えると思う。
Sアビ打たなくてもパワー不足の水では割と高めを出せるのはいいが、
父ジェクトには常に2000負けるので、
2コスリヴァで逆転どやぁしてやりましょう。
個人的にはゼムス起動からの逆転劇を決めてみたい。

1-134U ティーダ ×
ブリュンに焼かれる4コスで、
アタックできたら水フォワード1000上げるぞーとか言われても.....
Sアビの玉としてもプロモの2コスの方でいいので、結構不憫な子。

1-135C ナイト(2コス) △
パワー的には5000以上と組めると5コスライン位までと相打ちできるが、
その場合ブロックされるはずも無いため、
立ってられるブレイブとパーティー組みたいけど水にブレイブがいない罠。
そしてまずパーティーアタック自体が、
どっちか割られると自爆特攻になる厳しいシステムである以上、微妙。

1-136C ナイト(1コス) △
1コスになっても論点は変わらないし、2000も下がられても....同上。

1-137C バイキング ☆
実質0コスのフォワードで、手札交換にもなり、
後半手札が少ないときはバック2体を1ドローに出来る。
出すだけで即座に1ドローを確保出来るのはやっぱり強い。
いろんな動きに絡められ、2段のユージュからもよく出てくる。
水を絡めた、除去・ダル・ブロック不可系のコントロールなら、
まず入る汎用性の高いウィニーだと思われる。
踊り子やクリュプスについでで焼かれるのはご愛嬌。

1-138C 風水士 ☆
ブレイクを前提にすると1コス6000とかなりのコストパフォーマンス。
バイキングとの違いはパワーとアド回収の遅さで、
6000ラインなので、パンプなどのコンバットトリックがあれば、
実質1コスのこいつに除去を打たざる得ない状況を作れるのが強い。
ジタンのビートにはかなり有効なはず。
ケフカや2000パンプと相性がいいため、特に土水には必須クラスだと思う。

1-143C ものまね士 △
一見面白そうな効果だけど、ナイトのような効果がついていないため、
ブロックされると肝心のコピー元のフォワードの方が割られてしまう。
と言う事はコピー元のフォワードは2コスラインや風水士に限られ、
だったら普通に5000ライン使えばいいじゃん、となる。
他色とパーティー組めることを生かすなら、
1段ゴルベーザデッキに1枚挿しておくのはありかな。

1-148R レイラ △
書いてある効果はコントロールでは非常に強いが、
誰が見ても明晰なレベルのパワーの低さが大きすぎた。
おまけに奇数で展開はワンテンポ遅い上、
4000火力で落ちて、5000ラインにすら殴り負けるのは厳しい。
バックのワッカでパンプできる水単ならありかと思ったが、
水単には除去が少なかったでござる(´・ω・`)
Vジャンスコールと比較すると、
開発が如何にドローソースを慎重に作っているかが分かる。

1-150C ワッカ × 
うん、だからパーティーアタックはもう分かったから方向性変えようぜ、
一応合計2000上がるけど、自身が4コス8000バニラは弱くないですかね...
そしてバックのワッカが優秀な事も追い討ちをかけている。

・バックアップ
1-128C アルマ △
1コスより1枚分重く、それ以降は1CPで手札交換。
奇数だから効果起動は3ターン目以降になるので序盤の事故回避には遅い。
終盤腐ったバックアップ、余った光・闇辺りを切るのが主な用途だが、
手札交換以外の何者でもないので、払ったCPに見合うとは思えない。
バックの風水士と比較しても全体的に見劣りする為、使うのは難しそう。

1-129U オヴェリア ○
アグリアスからサーチしてくる水2CP。
出せばアグリアスが7000先制まで行けるが、
他に相性の良さそうな騎士があまり無いので、
素直にコストと割り切るのが良さそう。

1-130C 学者 △
一見色んな使い方が出来そうな効果に見えたが、
バックを切ってまで登場時効果を再利用する価値のあるフォワードは無く、
除去を避けたい高コストを戻すとそのコストを払うはめになる、
というか除去をバウンスに変換しているだけなので、
明らかにコストと見合っていない。
現状のカードプールじゃ使えないかな~

1-131C 幻術師 ×
各色に存在する1コスバニラバックアップ。
が、水には優秀な効果を持った同じ1コスの2段レンや、
奇数帯のローザ・ミンウ・ワッカがいるため、単色でも使い道が無い。
恐らく既に2コス見習い剣士に匹敵する使い道の無さ。

1-132C 白魔道士 △
絵は強い
2段のバックアップリュックがニヤついてこっちを見ている!
両方強い
何で主要キャラなだけでバーストが付いた上に全員立たせるんだよ!
メイン2で出して、殴ったフォワードを立たせるのが主な使い方だけど、
初手に出すことが多い2コスバックの登場時効果は基本使いにくい上に、
ユウナやヤーグなどの強力バックがある水と言うのがもうね...
ただ絵は強いと思うんで人気はあるのかも。

1-139C 風水士 ○
水の一般バックアップの中では一際輝いている子、
1CPでデッキを減らさずに未来の手札交換が出来るというのは表の顔で、
真の姿は相手が殴ってきた瞬間にデッキの上を確認し、
笑いをこらえながら7コスオーディンを上に戻す腹黒お兄さんなのだ!
他にもギルガメッシュのSアビサポに使えたり汎用性が比較的高いので、
バースト多いデッキには普通に入ると考えられる。
特に後半複数体並ぶと、バースト率がかなり上がる。
ただ、場にあるだけで強いユウナとヤーグがいる事を考えると、
採用されるのは一部のデッキになると思われる。
追記↓
風水士の使い方

1-141R ミンウ △
相手のバルバリシアやムンバを紙にする置物。
自分のフォワード全てに擬似先制攻撃と2重火力耐性を付けられる。
こう書くとかなり強そうに見えるんだが、
8000ラインは無いとあまり効果が無く、
ガイと同じで効果対象の微妙なメタカードに近いから、
使ってみると意外と効果が薄かったりする。
現状はジタンやバックのイデアが幅を利かせてるから難しいけど、
高コスト中心のデッキが水で組めるようになったら伸びるかもしれない。

1-144U ヤーグ・ロッシュ ○
基本的に自分の強力な3~4コスバックアップを守るカードだが、
相手のホープやエアリスの効果対象を強制的にこのカードに移せるので、
環境で幅を利かせている風とかの一部のカードのコストを重くできる。
闇Sセフィロス・ヘカトンからケフカヤローザを守れるのは大きいので、
高コストバックアップを利用したいデッキにはまず第1に入れたい。

1-145R ユウナ(5コス) △
登場時誘発の奇数バックアップ。
1コスバニラを基準にすると、4CPでフォワードをバウンスしている。
これは自身を含め6CP必要なリヴァイアサンと比較すると軽いが、
自分のターンのメインにしか使えないという大きな枷が付くため、
場をコントロールするには使いずらい。
テンポアドを失わないためには、4コス以上をバウンスする必要があり、
そうなると出せる状況が限られてくるため、バックとしても使いずらい。
ただ、墓地封じ効果は他に存在しない効果のため、
今後墓地利用が増えてくれば、需要が増す可能性はあるが、
現状では、非常に優秀な2コスのユウナを差し置いて入れる必要は無い筈。
まぁバーストが付いているため、2段3コスユウナのSアビの玉としてか、
バック風水士を使ったバーストデッキに、
4枚目以降のリヴァイアサンとして入るかもしれない。

1-146U ユウナ(2コス) ☆
2コスのバックアップなのに、置いて召喚獣撃つだけでアドを作り出す。
召喚獣を対戦中に2回以上使うデッキならそれだけでハンド1枚分のアド。
弱い訳がない。
そして大きな効力としてコストの奇数と偶数が入れ替わる、
FFでは相手の行動に対応する効果は偶数であることが非常に重要なため、
ブリュン・オーディン・ヘカトン・カーバンクルなどが、
ハンド1枚から飛ばせるようになるのは単純に-1CP以上の効力がある。
逆に水の召喚獣は全て奇数になってしまうが、
バックのレンと組み合わせると全て-2コスにすることができ、
フェアリーや2段リヴァは実質0コスで打てるため、水単でも非常に有能。
分かりやすく強力な効果なので、これ以上考察する必要もあまり無さそう。
とりあえず召喚獣使うデッキなら何も考えずに入れても働くおかしい札。
ただ2段のユウナも強力なため、デッキによってはそちらが優先される。

1-149U ワッカ ○
一部の色や職業に存在する、奇数で永続的な1000パンプを持つバック。
1コスよりハンドを1枚多く切るだけで永続的に効果があるのは大きい。
水においては、実数値より軽い3コスのヤージュ・風水士が7000ラインに、
レイラ・2コスアグリアスがジタンを超える5000ラインに、
フォワードのユウナレンが8000ラインに上がり、
バイキングが一応踊り子で焼かれなくなる。と、かなりの効力があり、
水単や上記のフォワードを使うデッキではかなり使えると思う。

・召喚獣
1-140C フェアリー ☆
特に長くなったんで単独記事で↓
召喚獣 フェアリー考察

1-142U モーグリ ○
1コスで手札2枚を入れ替えられるカード。
一部のゲームではこのタイプの効果はかなり強力な事があるが、
毎ターン2ドローでマリガンありの事故率の低いこのゲームでは、
バックアップを寝かせてまで手札交換したい状況は少なく、
奇数である以上、バックアップがある状況で撃つ事になるため、
初手に偶数バックアップを持ってくることも出来ない。
しかし、バックのレンを使えば0コスで撃てるようになったため、
複数枚積みたいがSアビを持たない光・闇を使うデッキでは、
需要があると考えられる。
バーストも付いているので、そんなに悪いカードでは無いだろう。
ただ、水を使うと普通のデッキ相手に山札切れを起こす事があるので、
デッキを2枚消費するこのカードは、枚数を良く考えて採用したい。

1-147U リヴァイアサン ○
ラスト1枚、基本バウンスカードのリヴァイアサン。
等価交換をするためには、
このカード+4CPの6CPのフォワードを戻す必要がある。
この数値は、バックのユウナがあれば5、
更にレンがいれば4までは下げられるが、それでも高い為、
基本的には、アタックを通しに行く時に使うか、
クイックタイミングで発動可能なのを生かして
相手のパンプに対応したり、パーティアタックを崩したり、
相手がしたい動きを止めて、
間接的なアドバンテージを稼ぐのが主な役割になる。
ただ、登場時誘発のカードが多いこのゲームでは、
闇Sセフィロスやカインなどを再利用させるはめになる事があるため、
扱いが難しく、かくいう自分も全く使いこなせていない。
一応自分のフォワードも手札に戻せるが、
ありえないコスト消費になるのでまず使う事はないだろう。
バーストで出れば強い。

や、やっと終わった.....
軽く6時間程吹き飛んだ気がする.....
えっ何、これを後10回以上続けるの?
またまた~ご冗談を~(AA略)

何とか週1くらいで書いて行こうと思います。
というか終盤の召喚獣関連、数行どころか10行余裕で超えてるし...
いかにこのゲームが召喚獣を前提にして、
成り立っているかが分かったかもしれない。
まぁFFをしっかりやっている人にとっては今更な記述ばかりですが、
自己満足で書いていくので、気が向いたらお付き合い下さい。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/05(日) 13:22:25|
  2. 全カード数行レビュー(FFTCG)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月4日アメニティードリーム町田店 店舗予選レポ | ホーム | 召喚獣 フェアリー考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://master97yugioh.blog110.fc2.com/tb.php/3-1097c4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

master

Author:master
現在、FFTCG改めスクエニTCGと遊戯王、CO、WIXOSSを主にやっているカードプレイヤー
名前はmasterですが素人プレイヤーなのでご容赦を。

主なTCG遍歴
金色のガッシュベル(2003~2006)
結界師(2006~2007)
遊戯王(2007~)
FFTCG(2011~2016)
コロッサスオーダー(2013~2014)
WIXOSS(2014~)
ドレッドノート(2015~)

不定期更新どころか、twitterを始めてからは完全放置状態ですが、FFTCG初期の思い出置き場として残しておきます。
たまに気まぐれで文字数制限に引っかかるようなレポートを書く時に利用するかも。
@FFTCGin_machida

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FFTCG (44)
考察(FFTCG) (7)
デッキ(FFTCG) (5)
レポート(FFTCG) (17)
全カード数行レビュー(FFTCG) (3)
その他(FFTCG) (12)
遊戯王 (7)
TCG近況 (5)
その他 (7)
雑記2014~ (1)
wixoss (2)

最新記事

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。